幼保小 教育シンポジウム

政治・経済中心の社会から、子どもたちをどう守っていくのか。子どもたちを取り巻く現代社会を鑑み、今こそ「教育」と「子ども」を見つめ直す必要があるだろうと、「教育シンポジウム」を開催いたします。
幼少期に必要な体験や学びについて、情報交換しながら一緒に考えてみませんか。


日 時:2017年7月30日(日)13:30~16:30

場 所:明星(みょうじょう)学園小学校(いちょうのホール)

対 象:大人(幼稚園・保育園・小学校関係者、学生、保護者大歓迎!)

定 員:最大120名(大人のみ)

参加費:500円/一人


内 容:


13:10~ 受付
13:30~ 開会挨拶
13:35~ 基調講演 「(仮題)幼少期に必要な「学び」とは何か?
~『幼稚園教育要領』『保育所保育指針』『小学校学習指導要領』の改訂から見えること~
      講師:河邉貴子(聖心女子大学・日本保育学会理事)
14:35~ 休憩
14:45~ シンポジウム「幼少期に必要な教育とは?」
パネリスト:河邉 貴子(聖心女子大学・日本保育学会理事)
      川副 園美(杉並区立西荻北子供園 園長)
      松本理寿輝(まちの保育園 代表)
      福田 純一(明星学園小学校 校長)
      ※コーディネーター:入江潤(明星学園小学校 教諭)
16:25~ 閉会挨拶


申し込みフォーム