小学校/工作 小学校/工作 小学校/工作 小学校/工作 小学校/工作 小学校/工作

素材体験とものづくりの基礎

美術教育と工作工芸教育それぞれを独立した分野として位置づけ、教科内容を編成しています。工作科では、さまざまな素材に触れ、加工技術を学ぶ中で、素材を通して自然やものを考える姿勢を子どもたちの中に育てていければと考えています。

【週あたり授業時数】 4年次:2(美術工作) 5年次:2 6年次:2

工作科でとりあげる素材は、紙、フェルト、粘土などから木や石、金属に至るまでさまざまです。 どれもみなそれぞれに魅力的で個性的な特質をもっています。 できるだけたくさんの素材に触れながら、素材と対話する中で、イメージを形にしてゆくとき、 子どもたちは自分自身とも出会うことになります。能動的な取り組みにより、積極性を養い、 ものづくりの基礎的な技術を獲得しながら頭と手の働きを統合し、豊な感性を育みます。