高等学校における進路指導

「希望する進路」実現のために


「明星学園に入学した生徒が、自ら希望する進路を切り開き、実現する」ことを目標に、進路指導を行っています。三年後は、それぞれ自分自身の将来の進路を決定し卒業していかなければなりません。一人ひとりがそうした課題を持ち、大学の付属校とは違った緊張感の中、高校生活を送っています。
 自分自身の進路を実現するためには、授業はもちろんクラブ活動や各種行事などにも積極的に取り組み、「学ぶこと」を中心に充実した生活が求められます。そして、生きることや社会のこと、また働くことの意味などについて、しっかりとした考えを持つ必要があります。
 そのために、明星学園高等学校には様々な「学習の場(授業・行事など)」と「学習の内容」が置かれています。進路実現についてもまた同様に積極的な取り組みが計画されています。

   

各学年の進路指導の流れ

 

10年
 どのような進路を希望している人も、安定した生活習慣と基本的な学習習慣を身につけることが大事になるので、まずは、高校での生活と学習に慣れることに重点を置きながら、少しずつ卒業後のことを考えていきます。11年生の文系・理系・実技系の選択に向けて、オープンキャンパスへの参加を促したり、夢ナビプログラムに取り組んだりします。


   

11年
 部活や行事を引っ張っていく中心的な役割を担うようになる11年次はより時間の使い方を意識する必要があります。また、より具体的に卒業後の進路について考え、実際的な準備に取りかかる必要があります。「傾向がないのが明星学園の生徒の傾向」というご指摘を受けることがありますが、実際に生徒の選ぶ進路は多様です。教員からの個々の状況に応じたアドバイスを受けながら、自分が向かう具体的な目標を見付けていきます。また、インターネットだけではなく、夢ナビライブや各大学の実施する外部のイベントへの参加を促して、自分の足で情報収集することを促します。


   

12年
 これまでに身につけた力を発揮する時です。まずは、模試の結果などを参考にしながら自分の弱点の把握と克服をしていきます。大学入試をはじめ、各自が必要な情報の提供や対策のサポートをしていきます。不安になることも多い学年になりますが、希望の進路を実現するために自分の力を信じて進んでいくことを学校として全力で応援します。  

   

具体的な取り組み

 

・スタディサポート
・進研模試
・GTEC
・夢ナビプログラム
・書いて考える進路
・教員による進路ガイダンス
・二者面談/三者面談(定期・随時ともに実施)
・その他、必要に応じた指導
 例)社会人の話を聞く会、予備校講師による特別講義、小論文・面接指導、など