カリキュラムについて

「本校のカリキュラムは、生徒がその将来の希望を実現するために必要な学力を身につけることを目標として構成されています。生徒の約9割が大学進学を希望し、その希望学部・学科は多様です。それら生徒の希望を尊重し、実現することが本校の責務です。
 11年次からゆるやかな「コースモデル」が提示され、個々の進路に必要な授業、個々の興味や関心をさらに深めることのできる授業を受講することができます。「コース」によるクラス編制は行っていないので、様々な進路をめざす生徒がひとつのホームルームにいます。選択授業の時間は、教室を入れ替わり、いくつかのホームルームの生徒が混じった形での授業を行います。  本校の授業は「必修」「必修選択」「自由選択」の3つに分けられます。「必修」は全生徒が履修しなければならない授業、「必修選択」は複数の中から選択し履修しなければならない授業、「自由選択」は生徒それぞれの興味や関心に応じて選択できる授業です。
 10年次においては全生徒が共通の授業を履修します(芸術のみ音楽・美術から選択)。11年次以降は共通に置かれた授業以外に、それぞれの進路(文系・理系・実技系など)に沿って必要とされる授業を選択し履修します。
 いかなる進路を希望する場合でも、必要とされる能力が獲得されること、生徒それぞれの進路に必要な学習ができること、3年間を通じて系統的な学習ができることの3つを目指し、本校のカリキュラムは形作られています。
 個性尊重は本校の重要な基本的教育理念ですが、生徒の希望する進路実現のためには、個性の基盤となる基礎的な知識・学力・社会的行動力を充分身につける必要があります。球技大会・明星祭・音楽祭などの行事も含め、あくまでも生徒の総合的な能力の開発向上を目指すことが、本校のカリキュラムの基本方針であり、独自性です。

カリキュラム表 教科・科目の編成と週あたり授業時数

高校/カリキュラム表