高等学校/数学

論理的に筋道を立て証明・説明することを通して、明晰な思考力を育む。

数・量および空間について学びます。論理的に筋道を立て証明・説明することを通して、明晰な思考力を育んでいくことを目指します。方程式や関数、図形、集合、確率などの基礎的内容を学んだ後、11年次以降、三角関数、指数・対数、微分・積分などについて学んでいきます。必修科目では、習熟度別授業を実施しています。

10年次

10年次の数学は、数学Ⅰと数学Aの2科目を必修とし、習熟度別で2段階に分けている。高等学校数学の基礎的事項をここで学習していく。

数学Ⅰ

必修科目

  • 具体的な事象の考察を通して、数と式、2次関数、図形と計量、データの分析について理解させ、基礎的な知識の習得と技能の習熟を図り、それらを的確に活用する能力を伸ばす。

数学A

必修科目

  • 場合の数と確率、図形の性質、整数の性質について、基礎的な知識の習得と技能の習熟を図り、それらを的確に活用する能力を伸ばす。

11年次

11年次では、数学Ⅱが必修である。10年次同様、習熟度別で2段階に分けて編成される。コース別選択科目として、数学Bを設置している。

数学Ⅱ

必修科目

  • 10年次の数学Ⅰに続く内容を学習する。式と証明、複素数と方程式、図形と方程式、三角関数、指数関数と対数関数、微分法と積分法についての理解を深めることがこの科目の目標である。

数学B

コース別必修選択科目

  • ベクトル、数列について取り扱う。これらに関する基礎的な知識の習得と技能の習熟を図り、数学的な考察・処理する能力を伸ばすことをねらいとしている。また、コースによって確率分布と統計的な推測または発展的な数列に分かれて学習する。

12年次

コース別選択科目として、数学Ⅲ、数学演習、数学ⅠAⅡB演習、11年生との共修の授業である数学Bを設置している。

数学Ⅲ

コース別必修選択科目

  • 複素平面、式と曲線、関数、極限、微分法と積分法についての理解を深めるとともに、知識と技能の習得を図っていく。

数学演習

コース別必修選択科目

  • 理系の選択者に対して数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学Bの内容の入試問題演習を行っていく。

数学ⅠAⅡB演習

コース別必修選択科目

  • 数学Ⅲを必要としない理系の選択者に対し、数学ⅠAⅡBの復習と入試問題を解くために必要な問題解法の演習を行う。

数学B

選択必修科目

  • 11年次に履修しなかった場合選択できる。