高等学校/体育

自己の特性とチームプレーへの展開。

自身の身体を意識的に操作することは意外と難しいものです。身体運動を通して、身体操作に習熟し、身体を育て、身体認識を深めることを私たちは大切にしています。
様々なスポーツ競技は、“押す”“引く”“捻る”“廻す”“突く”“伸びる”など、日常のごくありふれた動作を発展させた形で成り立っています。競技を楽しみながらそれぞれの身体能力を発展させることは、時には発見も伴います。
10年次から12年次まで必修科目が配置されます。10年次は、“からだ”と“うごき”にこだわった内容で構成され、11年次以降は、教養・文化としてのスポーツを身につけることを目標としています。

10年次

10年次の保健体育は、体育実技(3単位)で構成されている。からだとうごきにこだわった内容となっている。

体育実技・バスケットボール

必修科目

  • 基本動作と身体操作の習熟をめざしながら、身体に対する認識を深めることを目的として、授業を進めていく。バスケットボールについての理解を深め、技能を高めることができるように配慮する。「パス・スタンディング」「パス・ランニング(ツーメンパス)」「ドリブル」「ショット」「速攻」に区分して、技能の習得を図る。

体育実技・器械体操

必修科目

  • 器械体操の技の習得を通して、回転・送位の身体感覚を養っていく。授業時には運動を科学的に分析し、その認識を総合していくこととする。マット運動やとび箱は「できる」「できない」について、個人差がはっきりあらわれる種目ではあるが、各自の技術に応じた表現ができるようにしていく。そして、技のくらべあい、教えあい(補助しあう)のなかで、集団と仲間について学んでいく場になるよう、配慮していきたい。取り組んでいく内容は、「マット運動」「とび箱運動」「鉄棒運動」である。

体育実技・陸上

必修科目

  • スポーツの基本的な動きである。「走・跳・投」に取り組み、みずからの特性を知り、みずからの力を伸ばしていくことを目的として、授業を構成する。自分自身の能力に応じた目標を設定し、陸上の各種目を学んでいく。仲間と競い合いながらも、指摘しあい、協力できる関係をつくりだせるように配慮したい。短距離走、ハードル走、走高跳、長距離走、やり投げを内容とする。

11年次

スポーツは現代に確実に根を下ろしている。教養としてのスポーツ、文化としてのスポーツを身につけることを目標として、11年次の体育は、体育実技(3単位)を必修としている。男女ともにハンドボール・バレーボールを行い男子はサッカー、女子はダンスを履修することになる。また保健(2単位)も必修科目となる。以下、保健と必修科目について説明する。また体育コースでは体育総合Ⅰ、体育スポーツ論、器械体操が必修となる。

保健

必修科目

  • 人のからだや病気についての科学的認識を養い、健康問題を把握、解決する力を育てることを目的としている。 内容は、人間のからだの成立と特徴、人間の発達(からだとこころ)、そして、ガン・エイズ・感染症・アレルギー・ダイエットと拒食症・薬物依存などについて学習する。
  • からだと精神について学習していく。からだと精神のしくみと機能を学ぶことによって、科学的な「からだ認識」をつくっていくことが授業の目的である。実際の生活の中でからだ形成と健康づくりを主体的に追求できること、各自の発達課題が明確になること、また人間の発達や成長についての認識を深めることに配慮している。また環境問題や食社会などの社会情勢も学習する。

体育実技 ハンドボール

必修科目

  • パス・シュートを中心とする個人技能、速攻を中心とする集団的技能の修得をめざす。攻防の切り替えの素早いゲーム、リーダーシップ・フォローシップのあるゲームをめざす。

体育実技 バレーボール

必修科目

  • ネット型球技系の特性の理解を深め、意欲的にゲームを取り組めるよう、サーブ、レシーブ、スパイクなどの個人技能の習得を行う。発展し、集団技能の習得を目指す。

体育実技 サッカー

必修科目

  • ボールコントロールやボディバランス等の個人技術を向上させていくとともに、集団での攻撃・守備の方法を学んでいく。サッカーというスポーツを通じて、体力(持久力や脚力)を向上させていく。

体育実技 ダンス(女子)

必修科目

  • 踊ることの楽しさを知ることを目的に、授業を構成している。ダンスの基本を身につけ、柔軟力・リズム感を養っていく。自分の考えを身体で表現することができるように工夫したい。

12年次

12年次では、必修2単位となる。球技(バレー・バスケ)、卓球、アスレチック(生涯スポーツ)から選択する。選択必修科目のほかに、11年生と合同の授業であるサッカー(男女混合)も履修することができる。
体育コースでは、体育総合ⅡA(球技系)、体育総合ⅡB(剣道)、アスレⅡ(陸上競技)、現代スポーツ論が必修となっている。