国外長期留学制度

本校生徒の海外長期留学支援


国外長期留学制度

明星学園高等学校では、1年間にわたり正規の高等学校に海外留学する場合、所定の基準を満たすことを条件に、帰国後、留年することなく進級できる制度を設けています。この制度では学年途中で留学し、学年途中で復学することもできます。 長期留学制度は「本校交換留学制度」と「斡旋団体利用その他による留学制度」の2種類があります。

   

本校交換留学制度

 

現在以下の2地域の姉妹校との相互交換留学制度を設けています。この制度を利用する場合は学内の選考試験に合格する必要があります。定員は各地域原則1名です。

   

「タイ:ホアヒン・ウイタヤライ学園高等学校」

 

「ドイツ:メンデルスゾーン・オーバーシューレ高等学校」


   

斡旋団体利用その他による留学制度

 

文部科学省認定法人やロータリークラブの斡旋を利用する方法です。この場合、各団体の認定試験を受けることになります。合格後、本校に申請し資格審査を受け、認定された場合に留学制度を適用することができます。

    

留学制度適用条件

 

海外留学を無事に終了し次年度へ進級が認められるためには、以下の条件を満たさなければなりません。

 

 *全科目に10段階評価で1がないこと。
 *海外留学志望理由書を提出し所定の審査に合格すること。
 *留学中1か月に一回留学状況を報告すること。
 *帰国後所定の書類を提出し審査に合格すること。
 *留学報告書(留学体験に基ずくエッセイ)を提出すること。
 *状況に応じ関係部署及び学校長の面接を受け支持に従うこと。


   

外国人留学生の受け入れ支援

 

明星学園高等学校では海外の高等学校より、短期留学生(1週間)及び長期留学生(1年間)を受け入れています。留学生が安全で快適な日本の生活を送るために随時ホストファミリーを募集するとともに、受け入れホストファミリーには学園から支援を提供しています。  

 

短期留学生受け入れ

 

姉妹校であるトリニティカレッジ(オーストラリア)、ホアヒン・ウイタヤライ学園(タイ)、メンデルスゾーン・オーバーシューレ高校(ドイツ)などから年間を通じて1週間程度の滞在を受け入れています。受け入れ人数は各地域15名程度になります。


 

長期留学生受け入れ

 

姉妹校であるドイツ・タイをはじめ、留学斡旋団体より派遣される長期留学生を受け入れています。受け入れ人数は年間 6名ほどになり、11年生の全クラスに一人ずつ留学生が在籍することになります。

      

明星学園中学校 高等学校

井の頭キャンパス(中学校)

〒181-0001東京都三鷹市井の頭5-7-7

TEL:0422-43-2196 FAX:0422-47-6905

牟礼キャンパス(高等学校)

〒181-0002東京都三鷹市牟礼4-15-22

TEL:0422-48-6221 FAX:0422-41-6091