明星学園

トピックス(中学校)

お知らせ

【中学校陸上競技部】第11回東京駅伝 5人の生徒が出場決定!

部活動ニュース
令和2年2月2日に行われる第11回東京駅伝への出場選手を決める選考会が11月6日に三鷹一中にて行われました。この東京駅伝は、区市町村内の中学校からそれぞれ選抜された中学2年生チームによる区市町村対抗駅伝競走大会です。
男子の部は上位17名、女子の部は上位16名が選抜選手となります。
•男子の部 42.195km 17人(第1区2.195km、第2区~第9区2km、第10区~第17区3km)
•女子の部 30km 16人(第1区~第10区1.5km、第11区~第16区2.5km)
場所はアミノバイタルフィールド(味の素スタジアム内)と都立武蔵野の森公園特設周回コースという、Jリーグでも使用される大きな競技場です。

選考会の結果を受けて、明星学園からは以下の選手の進出が決まりました。

男子
8年1組  石井 優佑 選手  三鷹市TOP 男子キャプテン
8年2組  平井   知生 選手
8年3組  鈴木 雄太 選手 

女子
8年2組  荒井 万悠 選手  三鷹市TOP 女子キャプテン
8年4組  中山 えみ 選手 

 今年度初めて明星学園でも選手を推薦しましたが、いきなり男子3人が代表選手17名,女子2人が代表選手16名の中に選抜され、石井選手・荒井選手(男女共に)は三鷹市TOP通過のためでキャプテンとなりました。男子は今回の17番目のタイムが、昨年度の選考会のTOP記録を上回ったようで、女子も今年度TOPの荒井選手のタイムは昨年度の三鷹市TOPを15秒以上上回ったそうです。例年よりもレベルが高い中、5人の選手が選ばれたのは非常に喜ばしい結果となりました。石井選手・荒井選手は共にキャプテン・エースとして1区を走ります。顧問の私も第1回の東京駅伝で、町田市代表として第1区を走っています。次は教え子が1区を走ると決まった時には、私の中でとても感じるものがありました。鈴木選手・中山選手も8月から本格的に競技を始めましたが、順調に伸び始めて見事代表に選ばれました。2人の根性は本当に素晴らしいものがあります。中山選手は女子チームのアンカーを走ります。選考会で一番の驚きの走りを見せたのが平井選手でした。9月までは距離に不安があり、練習でも途中で辞めてしまうことも多くありました。しかし周りの選手が確実に代表選手に選ばれる実力をつけているのを感じ、自分だけ落ちるわけにいかないと10月から自主練習も始めたそうです。1か月で1分ものTimeを更新して、ギリギリ17番目の滑り込みでメンバー入りを果たしました。取り組んできたことが結果に結びついてくれて、本当に安心しました。 今回は5人の選手が選考されましたが、仮にメンバーに選ばれなかったとしても、やってきたことは必ず自分のためになります。今回結果に結びついたのは、明星学園に追い風が最後に吹いただけなのです。今回選考されなかった選手の分も、代表選手は全力を尽くしましょう。

 12/12に三鷹市教育センターにて結団式が行われました。選手たちは三鷹市代表Tシャツ,ユニフォーム,ハチマキ,認定証を受け取り、石井選手,荒井選手は結団式の中で男女キャプテンとして宣誓を行いました。市長・教育長からは、宣誓に対してのお褒めの言葉をいただきました。1/19に試走を行い、2/2いよいよ本番を迎えます。結団式・当日のレースの様子は、JCOMチャンネルで放送予定です。
・石井選手の言葉
僕たちは第11回東京駅伝の三鷹市代表選手として、今までの三鷹市記録を少しでも更新できるように、全力で練習に励んでいきます。僕たち選手は、学校・部活の先生方や三鷹市の方々、保護者に支えられてここにいます。そのことを忘れずに「ONE TEAM」となって戦います。
・荒井選手の言葉
私たちは仲間を信じ、自分にも自信を持ってタスキをつなげられるように、代表選手として日々努力していきます。また応援してくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに、声援を力に変えて、このチームで良かったと最後に思えるように走りたいと思います。

 今後とも陸上競技部へのご声援よろしくお願いいたします。当日のレースの詳細は、2月4日に更新予定です。
顧問 福元