明星学園

トピックス(中学校)

お知らせ

【中学校陸上競技部】都大会予選 選手3名が都大会進出!

部活動ニュース
 5/22~23日、上柚木陸上競技場で東京都大会予選(多摩地区大会)会が行われました。明星学園からは以下の選手が6/26~27,7/17~18に開催される都大会への進出を決めました。(多摩東部・西部、区部東部・西部の4つに分けられ、各地区,各種目の8位入賞者または標準記録突破者が都大会に出場)

多摩東部

2年男子100m  小澤 耀平 選手 11"87  2位入賞 多摩地区全体の2位

共通男子800m  占部  航太 選手   2'09"38 5位入賞 

共通女子200m  太田 妃音 選手  28"41 標準突破
          
 明星学園の初日の種目は共通男子200mと共通走り幅跳びでした。8年生の小澤選手と関根選手がそれぞれ出場しましたが、2選手とも初の種目でした。経験の浅い種目でしたが、小澤選手は中学3年生にも負けないタイムで都大会出場,関根選手も三鷹市の中学2年生内では2位と大健闘しました。
 2日目の最初の種目である共通男子800mには9年生の占部選手と8年生の村岡選手が出場。2選手ともに800mは初レースでした。1500mを主としていた選手であるため、持久力は備わっていました。そのため不安要素である「ハイペースを維持する能力(筋持久力)」を鍛える練習を中心に行いました。占部選手は200mを29秒,村岡選手も30秒という高速レースになりましたが、2周目の失速も最低限に抑えました。占部選手は見事5位に入賞,村岡選手も都大会出場まで0.03秒差の9位でした。
 女子の200mには太田選手が出場。昨年同種目で都大会に出場しましたが、その時から1秒縮めたタイムで2年連続の都大会出場を決め、実力があることを証明しました。2年男子100mには小澤選手がエントリー。この大会までは全てのレースが向かい風であり、顧問からは「1人の中学生として、陸上競技以外にも真剣に取り組むことが必要だ」と言われ続けました。学校生活にもしっかり取り組んでいたかは分かりませんが、今回は追い風1.0mの最高のコンディションとなり、同組の選手を大きく突き放して見事トップでフィニッシュ。念願の11秒台に突入し、多摩地区全体で2位に入賞しました。同じく出場した関根選手もべストを更新し、6月に行われるリレーへの期待も高まりました。
 午後は共通女子砲丸投げに8年生の秋元選手、共通女子1500mには部長の石川選手が出場。2選手とも自己ベストを更新し、石川選手は明星学園の歴代最高タイムに近いタイムでした。本命は来月の800mであり、都大会入賞を狙っていきます。

 我々は4月末から西園での部活動が禁止され、100mトラックが限界であるグラウンドの使用でさえ週1のみでした。GW明けに私が西園で走っていた時に自主練習中の選手がおり、練習を見られない焦りから集団で活動をしてしまい、他の来園者の方から注意を受けてしまいました。周りの方に応援される部活になろうと選手に指導していた中で、とても軽率な行動でした。選手たちはその後、自主練習が中心となりましたが、出場した全選手がベストを更新することができました。選手たちの「自主性」をもう少し信用するべきであったと顧問として反省しました。緊急事態宣言が延長となったため、私が選手の走りを見られるのは6月のレース当日になってしまいますが、今回のように逆境でも力を発揮してくれることを期待しています。

※顧問である私も今年度から「学校法人明星学園」で実業団登録を行い、5月に開催された東日本実業団大会(3000mSC)にて8位入賞を致しました。選手から刺激を得ています。

(顧問 福元)