明星学園

授業時数・カリキュラム

生徒自身の“自立”を助け、コースや授業選択で成長をサポートします。

明星学園のカリキュラムは、学年が上がるにしたがって生徒自らが授業やコースを選択する幅が増えていきます。2年生では主に進路に応じたコースを選択し、3年生になると自らの進路や興味関心に応じて、選択科目の枠がさらに拡がります。

全員が共通に学ぶ科目によって、高校生としての基礎的な学力をしっかり固めながら、上に挙げたような「自ら選択する」ことを通じて、それぞれの進むべき進路に対してしっかり向き合ってもらいたいと思います。この「選択」の場面における、様々な授業や教員とのコミュニケーションの中で悩んだり、考えることを通じて、生徒の皆さん一人ひとりが自立への道を歩んでいってほしいと考えているのです。

1年生のカリキュラムでは、すべての生徒にとって必要となる基礎的な科目を必修授業として配置してあります。それらと、2年生の必修授業を併せて、高校生としての基礎的な学力を身につけます。
また、「総合的な学習の時間」は、2年次で1単位、3年次で2単位を設置しています。
2年次では、必修授業に加えて「文系・理系・実技系」とコースを分け、それぞれのコースにおける基礎的な科目を「コース別必修授業」として配置し、それぞれが希望する進路へ向けた土台作りを行っています。
そして3年次では、2年次のコースをより発展的に継続し「必修授業・コース別必修授業・選択必修授業」に加えて、それぞれの進路に応じた「自由選択授業」を設置しています。

生徒達には、これら3年間のカリキュラム構成の中で、それぞれの希望する進路を実現する力が養われていきます。

《1年生》

1年生は必修授業が中心となっており、2年、3年と学年が上がるにしたがって、生徒の進路を反映して選択できる授業が増えていきます。学習の軸となる英語、国語、数学では、習熟度別や少人数制のクラス編成で、生徒の理解度を確認しながら丁寧に授業を進めます。

1年生の時間割例

《2年生》

2年生になると、文系、理系、実技系(体育、音楽、美術、家政)のコース制を選択します。生徒自身が関心をもった分野や卒業後の進路に合わせて方向性を定め、将来の夢を確実に実現するための土台を築きます。

 コース別必修授業 
そのコースを選択した場合に必ず履修すべき授業

 自由選択授業 
生徒の希望に応じて履修する授業

2年生

《3年生》

3年生では、これまで学んだ知識を応用、発展させて、さらに専門的な知識を身に付けていきます。中心となる自由選択授業は、専門性の高いものや、10~20名のゼミ形式授業、教員2名が組んで行うティームティーチング等の多彩な授業がそれぞれの内容に合うように設置されています。

 コース別必修授業 
そのコースを選択した場合に必ず履修すべき授業

 選択必修授業 
コース別必修の発展的内容で、いくつかの選択肢の中から必ず履修すべき授業

 自由選択授業 
生徒の希望に応じて履修する授業

3年生