明星学園

情報科

教科「情報」は、コンピュータ機器の取り扱いだけを学ぶのではなく、普通科の生徒を対象としたコミュニケーションを中心に情報化社会について考える教科です。本校では、情報の発信を重視することから、「社会と情報」を10年生で必修としています。「社会と情報」の教科書の内容は、機器の操作、著作権や迷惑メールなどモラルに関すること、情報のセキュリティや社会に与えるネットワークの影響など、多様な分野にわたります。
「環境汚染」という大きなテーマを設定し、情報の収集や検索、レポートにまとめる過程でワープロや表計算の操作、発表の方法など、順序を考えて無理のないように学習しています。

必修社会と情報
  1. Webページの作成:HTMLとブラウザの関係を理解し、インターネットの情報がどのように送られてくるかを学習します。また、情報の公開とプライバシーのバランスについて配慮します。
  2. 情報の収集の方法、調査の時点でのデータ処理や報告書のまとめにおける表計算などの各種アプリケーションの利用
  3. 情報を発信するための方法や効果的なプレゼンテーションの技法、動画の編集方法など、学習してきたさまざまな知識や技能を実践的に活用します。学年末には各自プレゼンテーションを行います。