明星学園

数学科

理論的に筋道を立てて証明・説明することを大事にして、学習計画を立案・実施しています。「なぜ(why)」かと考え続けることと、「いかに解くか(how)」を支える技術を体得することを目指していきたいです。

1)10年次の数学

10年次の数学は、数学Ⅰと数学Aの2科目を必修として、高等学校での数学の基礎的事項をここで学習します。習熟度別で授業を行います。

必修数学Ⅰ
具体的な事象の考察を通して、数と式、2次関数、図形と計量(三角比)およびデータの分析について理解させ、基礎的な知識の習得と技能の習熟を図り、それらを的確に活用する能力を伸ばします。
数学A
場合の数と確率、平面図形および整数の性質について、基礎的な知識の習得と技能の習熟を図り、それらを的確に活用する能力を伸ばします。

2)11年次の数学

11年次は数学Ⅱが必修である。10年次と同様に習熟度別で授業を行います。コース別必修では、文系・理系の生徒を対象に数学的な基礎力の充実を図ります。

必修数学Ⅱ
各分野においてさらに概念を拡張し、一般化することを学びます。新たな分野として指数・対数について学習します。また数Ⅲの基礎となる微分法・積分法について学びます。複雑な問題に対しても解決策を探る能力を高めていきます。
コース別必修数学B
数列では一般項や漸化式を考えることで数列の規則性を見つけます。ベクトルを用いて図形の性質を考えることで抽象的なものをより確実に捉える力を付け、12年次で学ぶ内容に備えていきます。また、コースによって確率分布と統計的な推測または数学Ⅲの範囲の数列の極限を取り扱います。

3)12年次の数学


コース別必修数学演習
10年、11年に学んだ数学の内容を総合的に扱いながら応用力を身につける授業です。理系大学の入試問題を扱います。また、センター試験の数学ⅡBにも対応します。
選択必修数学Ⅲ
数列の極限や様々な関数における微分法・積分法、複素数平面・式と曲線など、これまで学んだ事柄の発展と大学に繋がる内容の基本を学びます。
数学ⅠAⅡB
数学Ⅲを必要としない進路の生徒を対象として、コース別必修である「数学演習」で問題を解くための基礎力を養成します。
数学B
11年生との共修の授業。11年次に履習しなかった場合選択できます。
自由選択大学入試問題研究
難関私大・国公立2次対策(数Ⅲまで)を行う。12年生理系コースの生徒を対象とします。