明星学園

校長挨拶

見出し

明星学園中学校 校長 平野康弘

 明星学園中学校のホームページにようこそお越しくださいました。

 明星学園中学校という学校は、おそらく他には無いとても変わった学校です。いや、もしかすると他が変わっていて、明星学園は最も自然な学校なのかもしれません。何れにしても、この学校のすばらしさを知っていただくのはそう簡単なことではありません。あまりにも当たり前のことを、ちゃんと当たり前に行っている学校だからです。当たり前のことを誠実に行い続けることが難しい世の中だからです。 私たちの教育を知っていただき、理解していただけるように、このホームページは作られています。でも、文字で伝えられることは限られています。このホームページを見ていただいて、「この学校面白そうだ」と思っていただけたなら、是非とも説明会に足を運んでいただくことをお願いします。この学校の 先生たちの生の声を是非とも聞いていただきたいのです。説明会では、在校生のお話しも聞くことができます。楽しく、充実した学校生活を肌で感じていただけると確信しています。とは申しましても、ここでは文字と写真でこの学校を理解していただかねばなりません。精一杯、お話しさせていただきましょう。

 まず私たちは、子どもたちに他と同じであることを決して求めません。私たち教師は、子どもたちが一人ひとり別の個性を持ったかけがえの無い存在だと思っています。ですから、一人ひとりの声を尊重し、考え方を大事にして、それが他の子にとっても学ぶ価値のあるものとして取り上げます。これがこの学校の建学の精神の1つ目『個性尊重』です。

 私たちは、考え方を強制しません。考えに必要な様々なヒントを与え、子どもたち自らが自分自身の仮説を生み出して、それを元に議論し合って真理に到達するように援助します。こうすることによって自己肯定感が育ち自分を信じて歩み始めてくれるのです。これが建学の精神の2つ目『自主自立』です。

 そして私たちは、子どもたちが自分は自分、あなたはあなた、とお互いを尊重し合って話し合い、決してひとつの価値観に固執しないように関わっていきます。そうすることによって、社会における他者との関係を学び、自分の成長に他者が必ず必要であることに気付いていきます。これが3つ目の建学の 精神『自由平等』です。

 これら3つの建学の精神を元にした学校生活の中で、こどもたちはかけがえの無い自分自身の存在に気付き、自分自身の夢を自覚して、夢に向かって努力し始めるのです。明星学園という校名に託された明るい星とは、その自分自身で見出した夢や目標のことです。この学校で育つ子どもたちが、自分の星 を目指して努力し続ける人として成長してくれることを私たちは確信しています。

 本当の自分と出会って夢を実現していくために、この学校で一緒に学んで行きましょう。