明星学園

安全・防災

明星学園では、生徒及び教職員の安全を確保するため、十分な安全管理を行っており、今後も必要な維持向上をしていきます。

大地震への備え

明星学園では、建物の耐震性確認、震災発生時の対応体制構築、避難訓練、避難場所として必要な備蓄を行い、大地震発生に備えた安全管理を行っています。

明星学園の建物に関しては、すべて耐震基準を満たしています。小学校校舎は新耐震基準での建築物です。それ以前の建物に関しては、耐震評価を行い必要な耐震補強工事を2010年度までに完了しています。また校舎、体育館をはじめ敷地内の施設については、日常的な安全管理に加え、PTAとともに年2回の安全点検を行い必要な対応の実施をしています。



大地震発生時に万全な対応が取れるよう、緊急時体制と対応方法を定めて、それに備えています。
  • 学校災害対策本部の体制を構築し、教職員の役割分担を明確にしています。
  • 緊急時の連絡は、ホームページへ掲載するとともに、常時使用している“WEBでのお知らせ”によって学校側から各家庭にインターネット回線により個別に連絡します。特定のURLから各家庭が必要な情報を得ることもできます。
  • 災害レベル(震度)に応じた対応のマニュアルを整備しています。大きな地震が発生した場合には、帰宅の安全が確保されるまで学園で生徒さんをお預かりすることなど、きめ細かい対応を定めています。
対応マニュアルはこちら
  • 避難所として必要な設備の保管、少なくとも3日分の飲食料の備蓄を行っています。
  • 明星学園の小中学校敷地は、三鷹市の避難所に指定されていますので、児童・生徒用と同様に、地域住民避難用の設備保管、飲食料の備蓄もしています。災害発生時には、状況に応じ三鷹市から更なる物資が届けられる体制になっています。
  • 生徒と教職員は年3回(学期毎)の避難訓練を実施しています。小学校では定期的に児童の引き取り訓練も実施しています。
  • 通学・帰宅途中で被災した場合、他の私立学校でも避難の受け入れ、安否情報を共有する「避難校ネット」という協定があります。
  • 通常の1年生の通学に関しても、方面別下校班を作成し,集団で下校するようにしています。