明星学園小学校の教育

明星学園小学校は大正13年創立しました。当時の社会の教育状況は、早く大人に近づ けさせるための訓練が主体で、子どもたちは断片的な知識を覚えることを強いられて いました。「子どもには子どもの世界がある」、「生き生きと子ども時代を送ることが 大人への基礎を創る」という考え方を持っていました。感性を土台にした知識づくり です。こうした考えはのちに「大正自由教育」と呼ばれ、教育界に大きな影響を与え ることになりました。

現代社会が求める人間像は「自分で考え、自ら行動できる人間」です。情報化社会、 国際化社会に在って、人に左右されることなく、自分の道を進む力は、考える力を育 むことから生まれます。学習したことの一歩先にあるような課題に取り組むこと、納 得した知識をもとに「こうかもしれない」「こうであるはずだ」と仮説を立てるので す。そしてその仮説を追いかけるのです。いわばドキドキ、わくわくの『心の冒険』 です。 「考える」授業が成立するためには、意見交換する友だちの存在が不可欠です。友だ ちは自分の考えを受け止めてくれます。また友だちから、自分では気づかない考えを 聞くことができます。友だちは競争相手ではなく、学び合う存在なのです。明星学園 小学校では「体験」「議論」「表現」を大切に「子ども同士が学び合う授業づくり」 をしています。

明星学園では子どもたちに本物と出会わせたいと思っています。 本物の自然、本物の文化に触れ、心を動かします。
その感動は自分の生き方に組み込まれ、軸を作っていきます。
豊かな出会いは新しい自分の発見となるのです。

幸せとは自分らしい生き方をすることです。
自分らしさを形作るために、体験を重ねる場が学校です。
知りたがり、やりたがり、話したがりの心を失うことなく知性を磨きます。



(1)「自然から学ぶ力を育む」

明星学園は豊かな自然に恵まれた環境の中にあります。 身近な生き物との出会いは「いのち」を学ぶ機会になります。「みいつけた」という自然観察、「ものつくり」は自然からの学びの柱です。

(2)「考える力を育む」

明星学園ではなぜ?を追い求めます。納得した知識が未知の課題に挑戦させてくれます。心の冒険をするのです。考える力がつき、学び方を学ぶことにもなります。何でも言い合うことのできる友の存在はおおきいのです。

(3)「表現する力を育む」

人は受信と発信を繰り返しながら新しい自分を発見します。学んだことを自分なりにつくり変えることで作品は生まれます。友達の表現にも学びます。

(4)「社会を創る力を育む」

仲間と協力して仕事を成し遂げる自治の力を育てます。授業でも行事でも、話し合うことで自分の意思を相手に分かりやすく伝える練習を積み重ねます。