明星学園

国語科

国語科では、過去に生きた人の言葉に触れてゆくことで、読解力や思考力を身につけ、豊かな内面性を養うことを主たる目標として、諸科目を設置しています。

1)10年次の国語

10年次の必修科目は「国語総合」です。現代文分野と古典分野ともに、時代と場所を現実に生きた人間の表現と思考を経験することで、現在を生きる確かな想像力と理性を養うことを目標にしています。

必修国語総合(5単位)
〈現代文〉
文章を的確に理解し、言語を以て思考する事を通して、自己意識の形成、自己と他者の関係、言語、社会や歴史のとらえ方、思想問題について考える眼差しを身に付けます。また、感覚的なものを形象化して言語化することや、論理的に表現することを学びます。
〈古典〉
各時代の古典作品に触れ、その面白さを味わいながら、古典の世界に親しむことを目指します。さらに、文化的社会的背景、語法、表現の特質を理解することを通して、言葉や時代の相対化を通して思考する力を養います。

2)11年次の国語

コース別必修科目として「現代文Ⅰ」と「古典Ⅰ」を、自由選択科目として「理系国語Ⅰ」を設置します。

コース別必修現代文Ⅰ(3~4単位)
10年次で学んだ内容を素地として、さらに文章を読み進めます。歴史的・思想的に広がりをもって、より広く深く自己を探求していきます。
古典Ⅰ(2~3単位)
10年次に引き続き、古典文学の文法・表現の特質、文化的社会的背景、思想について学習します。文系は3単位で古文・漢文を扱い、実技系は2単位で古文のみを扱います。
自由選択理系国語Ⅰ(2単位)
理系コース選択者を対象とする科目。現代文・古文・漢文を扱います。

3)12年次の国語

コース別必修科目として「現代文Ⅱ」と「古典Ⅱ」、選択必修科目として「近代文学」「近代思想」、自由選択科目として「漢文」「理系国語Ⅱ」を設置します。

コース別必修現代文Ⅱ(4単位)
これまで学んだ内容を素地として、思想的論考や文学作品を読み進めていきます。学習者はより実存的・文学的な経験をしてゆくことになります。
古典Ⅱ(古文)(4単位)
これまで学んだ古文の基礎知識・基礎学力を生かして古典作品世界を読むことを目指します。学習者はより能動的にテキストに関わることが求められてゆきます。
選択必修近代文学(2単位)
「現代文Ⅱ」の発展的な学習として、作品(言語表現に限らず、多様な表現)に批評眼をもって向き合い、より高次な文学的解釈を試みます。
古典Ⅱ(漢文)(2単位)
古典Ⅱ(文系)で学んだ内容をふまえ、発展的な学習に取り組みます。
理系国語Ⅱ(4単位)
理系コース選択者を対象とする科目。現代文・古文・漢文を扱います。「理系国語Ⅰ」未履修者は別途実施する補習の受講を「理系国語Ⅱ」の履修条件とします。